オープンハウスで家を建てます(プロローグ)

calendar

reload

オープンハウスで家を建てます(プロローグ)

2021年夏 👧6歳 👶2歳
土地を購入しました。これからオープンハウス・ディベロップメントで家を建てます。

スポンサーリンク

現在に至るまでの経緯

家探しスタート

上の子が小学生になるまでには、持ち家が欲しいと思った。
現在の賃貸は、2LDK。洋室1には、キングベッド(200cm×200cm)で私と子ども2人で寝ている。洋室2には、夫のベッドと在宅勤務用のパソコン。
ベッドの壁側を長女、通路側が私、間に長男。

6歳年長さんの長女と2歳保育園児の長男は、ベッドの上でぶつかりけんか。6歳長女に自分のベッドを用意してあげたい。

約2年、いろいろな家を検討した。

条件:

  • 現在の住居と同じ小学校の学区
  • 駅徒歩圏内(バスNG)
  • 寝る部屋が4つ必要

マンション

都会だから、マンションが当たり前だと思っていた。
だが、賃貸で築10年未満の分譲マンションに住んでいたので、隣家の音が筒抜けなのが、本当に嫌で。
(トラブルとかではないが、隣家の声は筒抜け。ベランダ側の窓を開けると、もはや会話できるレベル。)
また、3LDKが一般的で。1人1部屋を希望していたので、やめた。

注文住宅

まずは夢を見たかったので、注文住宅の展示場に行った。
1番最初に声をかけられた三井ホームに入った。

内装が豪華すぎてレベルが違いすぎたが、担当の営業さんはそんな私たちにも優しく案内をしてくれた。
まずは、予算を聞かれて、FPの案内をしてくれた。1回目はそれで終わり。

2回目は、WEBでFPさんと相談。住宅ローン3000万円、4000万円だと、子供の学費など考えても、余裕のある生活ができるのではないか、
とご提案を受ける。FP相談結果が、三井ホーム担当者に引き継がれる。

3回目は、三井のリハウスさんも入って、①希望とは違う安い土地(もはや田舎)を買って三井ホームの家を建てるか、②希望の土地で中古の戸建、建売住宅を(三井のリハウスさんから)買うか、
を提案される。②を選び、三井のリハウスさんとのお付き合いが始まる。

そのあと、QUOカード狙いでタマホームに行く。
値段も三井ホームより安いし、天井高いし、タマホームへの印象が爆上がり。
ただ、希望する学区の土地でいま紹介できる土地がないとなり、また来ます、となった。

建売住宅

スーモやhomesに載っている、建売住宅も見に行ってみた。
予算内、だが希望する小学校の隣の学区だった。駅からも徒歩14分微妙だったり。

ピンとこないで、何軒も見に行くと、どんどん希望と離れていく。
WEBに掲載されている建売住宅は、売れ残りというか、坂の上にあったり、駅から遠い。

注文住宅は耐震等級3が最低基準と言われていたり、天井が2400mm(2500mm)でいいなっと思っていたので、
建売住宅購入には踏みきれなかった。
(建売住宅は耐震等級1程度が多く、天井は2300mmが多いそうです)

中古住宅

条件を全て満たした中古住宅を、スーモで見つけた。(売主の媒介は東急リバブル)
築9年。現在賃貸に出しているため、賃貸人退去後(掲載日から1週間後)に見学できるとのこと。(オープンハウス施工だった)

ただ、オーナーはまた賃貸に出すかもしれないし、購入希望者が複数いるとのことだった。
三井のリハウスさんと相談し、事前にローン仮申し込みをして、仮承諾を得ておいた。

当日は、三井のリハウスさん提携のリフォーム会社さんと一緒に、見学。(リフォームの見積もりも一緒に)
なんだか複数人の申し込みがいるとか聞くと競争心が燃えるのか、購入金額に100万円上乗せして申し込みしたが、
落選。

ちなみに、リフォーム費用は300万円程だった。
(築10年ほどになると、壁紙は天井以外全て取り替えるらしい。)

オープンハウスって、天井が高いんだなっという印象が残った。

売建住宅

玄関ポストに投函されていた、未公開物件。

土地を買うと、建築条件付きの建物を建築する必要がある、という契約。
予算より1000万円程高い。だが、駅からとても近かった。

とても狭い土地で、高低差もあった。
だが、土間収納など、自分の希望を設計に生かせると聞いた。とてもワクワクした。

本当に買おうと思った。
他にも、未公開物件があるのではないかと、オープンハウスに問い合わせした。

そして、この物件を吟味していた。
提案された設計内容を自分で考えてみても、いい案が浮かばない。
そしたら、土地の販売もできる、と言われた。

なので、土地を購入する前提でタマホームさんに設計を依頼。
そしたら、北側斜線制限?とかで3階の天井が床近くから斜めになってしまう、とか、
階段が3マスしか入らないような土地だから、階段の登り降りがきつい。
駐車場から玄関まで2メートルの高低差は、ゼネコンレベルでタマホームではできないとか。
建築条件付きの建物についも、壁が薄すぎるとか、アドバイスもらう。

タマホームさんには、この土地は買わない、と言ってお礼をして帰る。

オープンハウスの物件

オープンハウスが提案してきた未公開物件。(オープンハウスでしか仲介できない物件)
物件が出たと金曜日のお昼に電話がきて、案内したいと夕方に車で案内された。(土日にはもう申し込みが入ってしまうほどの目玉物件だという)

学区内だし、駅からも徒歩9分、予算より1000万円高い。
坂の上でもないし、公道沿いだし。自転車も自動車も置ける。
耐震等級2(※)だし、リビングの天井は2400mmだし。

※申し込み後耐震等級1ということが発覚した。

ただ、この前見た売建物件をまだ迷っていた時期だった。
営業さんは、この土日で申し込まないと売り切れるから、すぐ本日中に申し込みしてください、というが、
決められない、と断る。

売建住宅をあきらめることにして、オープンハウスの営業さんに改めて連絡すると、
申し込みが5件入っていて、抽選に向けて、住宅ローンの仮審査の必要があるとのこと。
至急本日中に本人確認書類と申し込みを書いてください。家まで行きます、とのこと。

そんな人気物件なのか、と思って書いた。そしたら、抽選に受かったと連絡があった。
今週土日が契約期限になりますとのこと。とりあえず日曜日に行く約束をした。

三井のリハウスさんには、最初から相談していた。オープンハウスを契約するかもしれない、と。
だから、三井のリハウスさんが独自ルートで情報を入手してくれていて、本当は申し込みは1件も入っていなかったんだよ、と教えてくれた。むしろ申し込みがないから、分譲地を4分割で売ろうとしていたが、5分割にしてもっと安く売ろうか検討段階に入っていたらしい。

私たちは希望の土地だったから、ちょっと迷っていた。
オープンハウスの営業さんは信用ならないが、物件はよい。
どうするか決められなくて、電話したら、とりあえず来てください、とのこと。

行ったら、契約前提で話を進められていて、いまこの場で契約しないと、もうお付き合いはできない、この物件はあきらめてください、と言われる。
売主(オープンハウス・ディベロップメント)が来ているのに、契約しないとはなにか、と言われる。

それでも迷ってたら、とりあえずクーリングオフ3日間特別に付けますので、と説得される。
契約したら、と夫に言う。
子供たちがもうお腹が空いたというので、夫に委任状を託し、家に帰る。
夫は、3時間以上拘束され、契約してきた。疲労困憊、考える体力がなくなる。

それから、3日間(月~水)のクーリングオフ期間、仕事で忙しくて、話し合いもできず、
期限の水曜日夜、夫が契約を解除すると言い出した。

クーリングオフをするためには、水曜日付の書留を送付する必要があり、近くのゆうゆう窓口は21時までしか空いていない。
至急、書面を作り、夫と郵便局で待ち合わせして、そこで話し合い。

とりあえず、予算1000万円オーバーが怖くなったらしい。
そこでけんか。もう家買わないとか、2年間も探してこんな結果なのか、とか。節約すれば頑張れる、とか。中古買ってもリフォーム費用かかるとか。新築のほうが税制面で優遇あるとか。

そして、クーリングオフ通知を発送しないことになった。

つづく。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

トラマム

トラマム

育休中のアラフォーです。夫は普通の会社員で、娘(第1子)は2015年6月生まれ、息子(第2子)は2018年12月生まれです
決して楽な生活はしていません。ただ、仕事を頑張りながら不妊治療でやっと授かった子供なので、おもいっきり育児をしたくて、お休みを頂いています。家族のためにまた働き続けます。
旅行費用は夫と話し合い、夫のボーナスから捻出しています。2019年は宮崎と海外(ハワイ)に旅行しました。2020年は上海?台湾?イギリス?に行きたいです。子連れ旅行に役立つ情報を発信していきたいです。はじめてのブログなので、サイトなどは作りながら情報を発信していきたいと思います。