子連れハワイ旅行記② 1日目~ホノルルに到着~

calendar

reload

子連れハワイ旅行記② 1日目~ホノルルに到着~

子連れハワイ旅行記① 1日目~デルタ航空で成田から出発~

スポンサーリンク

空港到着

午前7時10分、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)に到着した。

飛行機を降りる

飛行機到着後、スムーズに降りる。外れの建物だったようで、エスカレーターを上がったところでバスが待っていた。ベビーカーは、ない。バスは超満員で、娘を抱っこ紐に入れて、なんとか立って頑張った。バスの停車時間を含めると10分ほど乗車していたと思う。入国審査のある建物に到着し、バスを降りる。バスを降りたところにもベビーカーはなかった。

入国審査

人の流れにのって、入国審査場に到着する。現地スタッフさんが日本語で「赤ちゃん、4番レーン」という感じで、子連れは一般の方とは別のレーンを案内された。おかげで長い列に並ばす、審査へ。家族全員で審査を受ける。夫、緊張していた。

手荷物受取り

エスカレータを降りて、手荷物受取場(バゲジクレーム)はすぐだ。
私たちのスーツケースは、”SKY PRIORITY”という看板のところにすでに置いてあった。たくさんのベビーカーも、近くに横倒しで置いてあった。横倒しのベビーカーを見て、すでになんでビニール袋をかけなかったのかと後悔。
見てみるとやっぱり・・・傘部分に油汚れ。娘が乗るシート部分はなんとかきれい。雨が降っていなくてまだよかった。本当に。

サンキャノビーのネジ2本が取れそうになり、慌てて手で回した。去年はネジが1本飛んでたから、まだマシか・・な。ネジをきつくはしめられなかったので、のちほどワイキキでプラスドライバーを借りてネジをしめた。
←写真はネジを締めた後
ベビーカーを押して歩いてみると、火災報知器が鳴るような高い音「ジリジリジリ」という音がする。この場では故障箇所がわからなかったのであきらめた。のちほど、詳しく見てみると、タイヤ近くのワイヤーが折れてタイヤのギアと接触していた。ワイヤーを折ってギアに当たらないように調整することで音が鳴らなくなった。

なお、去年もそうだったが、ホノルルでは航空会社に事故証明書の発行依頼を行わない(英語で説明する勇気がない)。日本でまとめて行った。

税関突破

スーツケース2個とベビーカーに娘を乗せて、個人出口側の税関を通過する。
税関を通過し、外の空気を吸えるところまで出たところで一度座る。夫に荷物を見ておいてもらって、私はiphoneを使って、チャーリーズタクシーの日本語専用フリーダイヤルに電話をする。(飛行機内であらかじめプリペイドSIMを入れ替えておいて、電源を入れるだけ) 日本語で「空港へのお迎えを予約した〇〇です。」と言うと、乗り場を詳しく日本語で教えてくれた。
乗り場は、信号を渡ったところすぐ。同じようにチャーリーズタクシーを待っている日本人が多くいた。10分くらいで、「〇〇さん」とおじさんが来てくれて、8時チャーリーズタクシーに乗車する(呼ばれるまでは名前を名乗ると危険)。スーツケース2個とベビーカーがトランクに入る大きなワゴン車だった。車内では特に話しかけられることもなく、渋滞もなく、8時30分にホテルに到着した。チップ含め$35を現金で支払う。

チェックインの様子はこちらに書いてます↓

レビュー★新アロヒラニ リゾート ワイキキビーチ(旧パシフィックビーチホテル)

プリペイドSIMについてはこちら↓

今使っているスマホをハワイで使う


なお、夫は喫煙者だが空港では煙草を吸う余裕はなかった。一刻もはやくホテルへ行くことに必死だった。

子連れハワイ旅行記③ 1日目~ワイキキ散策~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

トラマム

トラマム

育休中のアラフォーです。夫は普通の会社員で、娘(第1子)は2015年6月生まれ、息子(第2子)は2018年12月生まれです
決して楽な生活はしていません。ただ、仕事を頑張りながら不妊治療でやっと授かった子供なので、おもいっきり育児をしたくて、お休みを頂いています。家族のためにまた働き続けます。
旅行費用は夫と話し合い、夫のボーナスから捻出しています。2019年は宮崎と海外(ハワイ)に旅行しました。2020年は上海?台湾?イギリス?に行きたいです。子連れ旅行に役立つ情報を発信していきたいです。はじめてのブログなので、サイトなどは作りながら情報を発信していきたいと思います。