子連れハワイ旅行記① 1日目~デルタ航空で成田から出発~

calendar

reload

子連れハワイ旅行記① 1日目~デルタ航空で成田から出発~

2017年夏休みに夫と娘(2歳ヵ月)で、ハワイへ家族旅行へ行った。夫は初めてのハワイなので、3泊はワイキキを中心にゆっくり過ごし、1泊アウラニ・ディズニーリゾートに泊まるプランとした。

スポンサーリンク

プラン概要

(行) 土曜日DL576 成田19時00分発→ホノルル7時10分着
(帰) 水曜日DL579 ホノルル11時34分発→(木曜日)成田15時05分着

ワイキキ滞在ホテル
参考楽天トラベル★新アロヒラニ リゾート ワイキキビーチ(旧パシフィックビーチホテル)
アウラニ滞在ホテル
参考楽天トラベル★アウラニ ディズニー リゾート アンド スパ

今回の旅行のために、デルタアメックスゴールドに入会しメダリオン会員となった。メダリオン会員の特典を利用する。

子連れ デルタアメックスゴールドの特典利用

スポンサーリンク

成田空港

チェックイン

バスで向かった、16時に空港到着。娘はバスの中でお昼寝をした。
娘のトイレに行き、チェックインカウンターに向かう。エコノミークラスの荷物預入の列ができていたが、メダリオン会員はビジネスクラスのチェックインカウンターでチェックインをする。待ち時間なし。
スーツケース2個を受託手荷物として預ける。ベビーカーは搭乗口で預けることができるとのこと、助かる。搭乗開始何分前に搭乗口に行く必要があるか?聞くと、通常の締め切り時刻と一緒とのこと。前回のJALは搭乗開始10分前までに搭乗口へ来るよう指示があったので、デルタのほうが便利だなっと思った。

セキュリティチェック

チェックインを終え、夫はカード会社のラウンジ(IASS、セキュリティチェックを通過前の利用になる)へ行くためお別れ。デルタアメックスゴールドの特典では2人までしかデルタスカイラウンジへ入室できないため別行動となった。
娘とセキュリティチェック・出国審査を通過する。”SKY PRIORITY”専用のセキュリティチェックを利用するまでもなく、すいすいと終わった。
出国審査を終え、デルタスカイラウンジへ向かう。

デルタスカイラウンジ

22番~25番搭乗口のある階から、真ん中に位置するエレベーターで1つ上に上がる。ベビーカーのままラウンジへ入室できた。ラウンジは17時~18時まで利用した。
私と娘だけで利用した。ちなみに夫も入室したい場合は、59ドル払えば入室できるとのことだった(要確認)。とても充実したラウンジだった。せっかくの旅行なので59ドル払ってもよいと思うが夫は拒否して、自分のゴールドカードで入室できるカード会社のラウンジ(IASS)へ行った。

成田空港のラウンジにはキッズルームがある。キッズルームは部屋になっていて、ラウンジ内から見えるが音は漏れてこない。

キッズルーム内はビデオや子供用の椅子があった。中でも飲食可能とのことだったが、他のお子様がいたのでラウンジで軽くご飯を食べた後、娘だけキッズルームで遊ばせた。私は娘が遊んでいる姿を見ながら白ワインを1口だけ頂いた。

焼き鳥が美味しかった。他にもパスタや野菜スティックなどがあった。ドリンクの種類が多かった。

シャワールームは4室あった。搭乗前に娘にシャワーを浴びさせようと思ったが、キッズルームで他のお子様と仲良くしてもらって楽しそうだったので長く遊ばせたため時間がなくなり、シャワーは浴びずトイレと着替え(パジャマとオムツ着用)だけで利用させて頂いた。
受付でカードキーを借りて使用できるので、前の人が利用した形跡は全くなく広く清潔だった。

ラウンジはとても広く、優雅な大人の方が多かった。ビュッフェの写真は撮るのを控えたので、以下のブログも参考にされてください。
参考 成田空港デルタスカイクラブラウンジのレポート

搭乗

ゲートはラウンジから5~10分くらいだった。ボーディングタイムが18時5分だった。
まず、搭乗口でベビーカーを預けた。余談だが、なんの疑いもなく自分たちでビニールカバーとかもかけず、ただ畳んだだけの状態で預けた。のちほどホノルルでひどい状態になって手元に戻ってくることになる。
そして、お手伝いが必要な方やお子様連れの方の搭乗が始まった。しかし、夫が搭乗口に来なかったのでこのタイミングでの搭乗を見送る。夫が合流する。
ビジネスクラスの方などの次に、メダリオン会員”SKY PRIORITY”の列に並び優先搭乗した。18時20分頃。

機内


3人並び席、優先搭乗できたので席も通路も空いている。まずは、娘をトイレに連れて行く。娘用のヘッドホンや毛布、お菓子、シールブック、棒付きの飴、水を足元に用意する。自分の首用枕、フットレスト。
19時離陸。娘の離陸時の耳抜き対策で、アンパンマンの棒付きの飴を渡す。特に痛みを訴えずに終わり、飴は大部分を残していらない、と戻される。そのまま娘は突然1時間ほど寝た。

↓ 1歳から使用している。最近、なんとか頭におさまるようになってきた。娘と同じ音源を聞けるタイプのヘッドホンを選んだが、2歳になって1席に座るのでこの機能は特に必要ないかも。

↓ エコノミークラスにはないフットレストを作る便利グッズ。セパレートを利用したところ、通常のものより足を広げることができて快適だった。ただ、通常版より大きい。夫は利用しなくても大丈夫だ、といって機能を見くびり利用しなかったところ足がパンパンにむくんでいて、ガックリ来ていた。帰りの便では利用してむくみを抑えられていた。

機内食


ドリンクサービスなどが終わり、機内食が配られたのが20時20分頃。事前にリクエストしておいたキッズミールは通常より先に配られるので、娘の食事の補助に集中できた。フォークは使いずらそうだったので、持ち歩いているフォークを利用した。でも、チーズだけを食べてごちそうさまをされた。
ラウンジで焼き鳥などを食べていたので、私も神経質にならずそのままごちそうさま、を了解。娘はビデオを見て座っているので、自分の機内食を食べることができた。

就寝

帰国便の写真、行きの便は機内が真っ暗だったので写真が撮れなかった↓

機内食後は、1人1本水をもらい就寝モードになる。でも、娘は興奮状態。21時頃だったと思うが、まわりも映画を見てる人が多かった。娘とシールブックで時間をつぶしたり、トイレに行ったりした。その後、大人が寝たふりをしてなんとか、22時30分(着陸3時間30分前)に娘が寝た。足を夫の膝に乗せて、横になって寝たので夫は動けなくなる。
余談だが、前の席のお子様がジュースをこぼしてしまった。大量のジュースだったので、前の席の下に靴を置いていた夫の靴はオレンジジュースでタプタプになっていた。前の席の下に貴重品は置いてはいけない、と学んだ。

機内食②


着陸1時間半前に、サンドウィッチが提供された。同じタイミングで娘がスッキリ起きたので、フルーツを食べた。娘は結局2時間ほどしか寝ていないことになる。

着陸

現地時間7時10分頃に着陸した。着陸時の耳抜きの対策を忘れていて、ひたすら水を飲ませた。

子連れハワイ旅行記② 1日目~ホノルルに到着~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

トラマム

トラマム

育休中のアラフォーです。夫は普通の会社員で、娘(第1子)は2015年6月生まれ、息子(第2子)は2018年12月生まれです
決して楽な生活はしていません。ただ、仕事を頑張りながら不妊治療でやっと授かった子供なので、おもいっきり育児をしたくて、お休みを頂いています。家族のためにまた働き続けます。
旅行費用は夫と話し合い、夫のボーナスから捻出しています。2019年は宮崎と海外(ハワイ)に旅行しました。2020年は上海?台湾?イギリス?に行きたいです。子連れ旅行に役立つ情報を発信していきたいです。はじめてのブログなので、サイトなどは作りながら情報を発信していきたいと思います。