子連れ沖縄 シェラトン沖縄 子1歳①

calendar

reload

子連れ沖縄 シェラトン沖縄 子1歳①

2017年 沖縄<本島>旅行記 子1歳11ヵ月 1日目
GWに夫と娘(当時1歳11ヵ月)と3人で子連れ沖縄旅行をしました。

スポンサーリンク

日程

去年、娘の機嫌に合わせて余裕をもって行動ができたので、同じ4泊5日の日程とした。去年は、初日と最終日は基本的に移動のみだっだが、去年の最終日にアウトレットモールあしびな~で買い物ができず悲しい思いをした。よって、今年は帰りの便を18時発にして最終日も買い物を楽しむこととした。
今年は、楽天トラベルから3泊5日のANAレンタカー付のツアーを申し込んだ。便と座席が事前に指定できるツアーの中で最安値だったためだ。もうすぐ2歳の娘はものすごく動き回る。GWの便は満席のため、座席指定をして交代要員を隣に座らせておく必要は絶対条件だった。
なお、最終泊は自分で手配して那覇のホテルに泊まった。後述するが、最終泊の那覇泊はせず、同じホテルに連泊したほうがよかったと反省している。
利用した飛行機は以下の通り。
行き:羽田(13時15分発)⇒那覇(15時55分着)
帰り:那覇(18時20分着)⇒羽田(20時40分発)

スポンサーリンク

空港

チェックイン


2時間半前(10時45分)には空港に到着したいと思い、10時35分に着く電車で空港に向かった。途中娘のトイレにも寄ったが、11時にはチェックインが終わった。
ANAは手荷物を無人機に預けるようだが、子連れだったので失礼して、”SPECIAL ASSISTANCE”(中央に位置)でチェックイン&手荷物で預け作業を1度で行った。利用する子連れの方は多かった。担当のスタッフさんも、ベビーカーをきちんと袋に収納してくれて、搭乗ゲート付近で遊べるキッズコーナーを案内してくれた。また、ベビーカーを預けた後の搭乗ゲートまで使用できるベビーカーをこちらで借りることができた。
なお、申請すればANAやJALの国際線であれば搭乗ゲートまで自前のベビーカーを利用できるが、国内線は無理だった。

お昼ごはん


第2旅客ターミナル3階のレストランを利用した。ここは、店舗にも席がいくつか用意されているが、通路に用意された席はフードコートのような席だったベビーチェアは無し。夫はうどんを、私はフォーを選び持ち寄った。どちらの店舗も子供用の食器を備えてあった。食事用エプロンだけ、自前のを利用した。
3階のレストランが意外に高額設定だったので、多少並んではいたが4階や5階のレストランのほうがベビーチェアなどの用意もあり子連れは使いやすいのではないかと思う。
なお、11時30分過ぎには混みだして座席の争奪戦が起きていたので、はやめに到着して良かった。
参考 【公式】羽田空港国内線旅客ターミナル 空港マップ

展望デッキ


12時頃から、5階の展望デッキで休憩した。娘は”飛行機”をきちんと認識できる年齢になっており、ずっと飛行機をながめて私たちに報告してきた。思いのほか長居してしまい、12時30分(出発45分前)までいた。

搭乗手続き


GWだったが、列のわりにはすんなり搭乗手続きが終わった。出発ロビー内にはキッズルームもあり、少し遊んだ。キッズルームが少し搭乗口から遠かった。ミルクのお湯をもらいに授乳室へ行ったが、おむつ替えスペースや授乳室はかなり混んでいた。おむつ替えや授乳があるならば、1時間前には搭乗手続きを通過したほうがよい。
参考 【公式】羽田空港国内線旅客ターミナル お子様をお連れの方

機内


子連れのため優先搭乗させてもらい、機内に乗り込んだ。3列席の窓側2列。離陸時の耳抜き対策として、離陸と同時にミルクを与えた、順調に耳抜きできたよう。そのまま寝るかと思いきや寝ず、私たちのほうが眠くなった。
100円ショップで買っておいたシールブックを使い、娘と遊んだ。1時間ほど遊んで、2時間昼寝した。着陸前に起きて、シールブックの続きをしながら着陸。念のためおむつをしていたが、トイレにも1回行きおもらしなし。

到着

那覇空港に16時頃到着した。手荷物を受け取る前にトイレに行った。手荷物はベビーカーが優先して返却されるので、先にベビーカーに娘を乗せ、スーツケースを受け取る。

レンタカー



空港からは、レンタカー会社のバスで向かう。今回利用したトヨタレンタカーは、空港から10分ほどでモノレールのすぐそば、到着と出発で建物が分かれておりとても大きい店舗でテキパキしていた。
チャイルドシートも設置してもらい、出発。目的地はライカム沖縄!ライカム沖縄のフードコートに行ってみる予定だった。

渋滞

GW中17時過ぎ、道がとても渋滞していた。那覇空港自動車道の豊見城ICから乗ってもライカム沖縄まで50分かかるという。途中娘のトイレ休憩をしていて、その時点で17時40分。娘はいつも18時に夜ご飯を食べているため、予定を変更して豊見城IC近くにあるよね食堂に向かった。

よね食堂


18時に到着。椅子席には、家族連れが2組いた。私たちは、6人がけの座敷席に案内された。まず、娘用にでてきた水に氷が入っていないところにほっこり。椅子も借りた。

去年食べておいしかった豚の生姜焼き(920円)をまた注文。娘の食器も用意頂いた。やっぱり豚が柔らかくて美味しい。娘には沖縄そばをあげた、優しい味で美味しい。夫は日替わりのようなチキンからあげセット(650円)を頼んでいたが、唐揚げの量が足りなかったようだった。
途中で水をこぼしてしまったが、タオルを貸して頂けた。また、トイレも清潔で洋式トイレがあり娘も座ることができた。18時45分に店を出た。

関連ランキング:沖縄そば | 赤嶺駅小禄駅

移動

移動前にごはんを食べることができて本当に良かった、高速道路に乗ると娘は眠った。このままシェラトン沖縄に向かう予定だったが、夫がごはんが足りなかったというのでホテル最寄りIC近くのマクドナルドにより、ハンバーカーを食べた。店内にある遊び場で少し遊んでからホテルに向かった。

ホテル到着

那覇空港に着いたのは16時だったのに、結局ホテルには20時30分に到着した。ホテルのエントランスにはポーターさんが待っていてくれ、荷物をトランクから出して部屋まで運んで頂いた。駐車場もエントランスから歩いてすぐのところにあった。(駐車場代1日500円、駐車券をチェックイン時に提示要、フロント精算)
チェックイン時に、ベッドガードのキャンセルが出ていないか確認したところ、やはり予約で埋まっていた。しかし、エキストラベッド用のベッドガードに空きがあるとのことで、エキストラベッドのあるお部屋に変更頂けた。ありがたい。

子連れレビュー★シェラトン沖縄①~部屋~屋内設備~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

トラマム

トラマム

育休中のアラフォーです。夫は普通の会社員で、娘(第1子)は2015年6月生まれ、息子(第2子)は2018年12月生まれです
決して楽な生活はしていません。ただ、仕事を頑張りながら不妊治療でやっと授かった子供なので、おもいっきり育児をしたくて、お休みを頂いています。家族のためにまた働き続けます。
旅行費用は夫と話し合い、夫のボーナスから捻出しています。2019年は宮崎と海外(ハワイ)に旅行しました。2020年は上海?台湾?イギリス?に行きたいです。子連れ旅行に役立つ情報を発信していきたいです。はじめてのブログなので、サイトなどは作りながら情報を発信していきたいと思います。